持ち物や貸し出し
2017.06.26

ストレッチパーソナルトレーニングをするために、色々と用意をしないといけないアイテムがあります。例えばトレーニングウェア。会社帰りにスーツでトレーニングをするわけにもいかないため、当然、用意をしないといけないわけですが。そこで気になってくるのが、貸し出しなどのレンタル品。「可能な限りお金を掛けたくない」「借りられるのであれば借りたい」という人も多いことでしょう。ということで、持ち物や貸し出しについてのお話をしていきます。
■基本的には運動ができる格好になれる持ち物で大阪や東京などの大都市の移動手段は基本的には「電車」になります。しかも満員電車になるため、可能な限り荷物を減らしたいという気持ちは強いです。そして、パーソナルトレーニングをする場合、多くの人は「仕事帰りに」と。したがって、冒頭で記載した通り、借りることができるのであれば借りたいと感じることは、ごく普通のことなのです。結論から言えば、基本的に運動ができる格好ができれば、パーソナルトレーニングは行うことができます。つまり「必要最小限の着替え」だけで問題はありません。これであれば、満員電車などでも、何とか許容範囲内に収まるかと思います。
■昨今は手ぶらで利用できるトレーニングジムも多い先程、説明した通り、大阪・東京のように満員電車に乗る場合、可能であれば手ぶらでパーソナルトレーニングをしたいところ。実は実現できます。昨今、トレーニングウェアなどを預かってくれるジムが増えてきており、そのサービスを利用するという手です。(使用後のウェアを洗濯してくれるジムと持ち帰らないといけないジムに分かれるため注意が必要ですが)シューズなり、コルセットなり、常時置いておきたいものがあれば、非常に重宝するサービスのため、パーソナルトレーニングをする業者を選ぶとき、これも念頭に置いて比較をするとよいかもしれません。
■シャワーなどトレーニング後の貸出サービスも完備ウェアやシューズの貸し出しをしてくれるジムは少ないですが、シャワーなどリフレッシュできるサービスの貸し出しをしているジムは多いです。基本的に「あって当たり前」のサービスのため、確認する必要もないかもしれませんが。首都圏のようにスペースが少なくとも、簡易的なシャワーだけでも用意しているケースが多いため、有効活用をしていきたいところ。ただ業者によって、別料金をとる場合もあるため、こちらもしっかりと比較対象の要素としてチェックをしていきたいところです。

▲ ページトップへ