食事管理について
2017.06.26

筋トレの道具トレーニングをして身体を作っていく。トレーニングで美ボディを手に入れる。そして、このような身体を手に入れるためには、トレーニングだけではなく「食事管理」も合わせて行わなければなりません。極端な例ですが、パーソナルトレーニング期間中、毎日のようにラーメンを10杯食べていたら…全く身体を作ることはできません。言うまでもなくカロリーオーバーになり、いくらトレーニングをしても太っていく一方です。ということで、このパーソナルトレーニングと食事管理についての関係をお話していきます。
■パーソナルトレーニングは食事内容も含まれているパーソナルトレーニングというサービスは基本的には「トータル」でトレーニングをしていくことになります。つまり、普段の食生活も管理されることが基本だということです。某大手パーソナルトレーニング業者は、その日食べるモノを写メなどで撮影し、パーソナルトレーナーへ連絡します。そして「食べていいですよ」などのコメントを貰って、管理されていくことに。非常に面倒と感じるかもしれませんが、これも1つのパーソナルトレーニングと理解して、ストイックにこなしていくしかありません。もちろん、トレーナーや業者の中には、食事管理まではしないというケースも多いです。どちらにせよ、パーソナルトレーニング中は、しっかりと食事管理をしていく必要があります。
■トレーニングと食事は密接な関係にあるトレーニング中の食事は、そのトレーニングの結果を左右するほど、重要であり、密接な関係にあります。例えば、冒頭で上げた「ラーメンを10杯」という暴食。1杯500キロカロリー(スープを含めない)となるため、5,000キロカロリーを摂取していることになります。一般的なトレーニングでは、この5,000キロカロリーを消費することは、なかなか難しいため、結果、太る一方になってしまいます。これは極端な例のため、あまり参考にはならないかもしれませんが。ただ、トレーニング中は、炭水化物を控えめ(炭水化物を断絶することはNG)だったり、低カロリー高タンパクの鳥のササミを食べるなどの管理は非常に重要になってきます。
■指示を無視しても問題はないのか?ちなみにですが、パーソナルトレーナーから食事制限をかけられるときがありますが…。これを無視して暴飲暴食をしても問題はないのか?という疑問。結論から言えば、自己責任のため問題はありません(トレーナーからこっ酷く叱られる可能性はありますが)。ただ…本当に身体を作りたいのであれば、トレーナーの言うことは素直に聴いておくことが大切ということは言うまでもありません。

▲ ページトップへ