アパート経営の一括借り上げに関するお役立ち情報

今後アパート経営する上で、一括借り上げと管理委託という必ず知っておきたい言葉があります。今回は一括借り上げについてご紹介していきます。一括借り上げとはサブリースと言われており、不動産の管理会社が土地建物を借り上げ、入居者へ貸し出す形になります。空き部屋があったとしても、家賃が保証されることになります。ですが築年数が多くなると、家賃の減額などがあることもありますので、契約を行う際には必ず確認すべきことはたくさんあります。契約の期間や、家賃の料金、そして更新の年数など、基本的なことにはなりますが、大きな契約をするのですから、とても大切な事柄になります。そして一括借り上げでは入居者との契約や、修繕なども管理会社へ委託することができますので、そちらも魅力の一つとなります。

メリットとデメリットをしっかりと知ることが大切です

アパート経営を行う際に必ず悩むことになるのは、一括借り上げと管理委託です。一括借り上げについてのポイントとしましては、やはり賃料の保証ということが一番大きいのではないでしょうか。不動産管理会社へ全てを委託することになり、一括借り上げですので、空室であったとしても賃料は保証されます。また賃料が延滞された場合であっても同様です。そして入所者との手続きも全て任せる形となります。メリットとしましては、やはり安定した家賃収入が見込めることが大きいですが、管理会社との契約には、契約期間もありますので、途中解約などの注意すべき点も多くあります。不動産管理会社を選ぶ際には慎重にならなくてはいけません。まずはその地域に定着している不動産管理会社へ足を運ぶことをおすすめします。

契約は慎重にトラブル対処も事前に確認をしよう

アパート経営を行う際に必要な知識はたくさんありますが、一括借り上げについての情報は、インターネットを検索すると、とても多く出てきます。もちろん、インターネットの情報を隅から隅まで見るわけにはいきませんし、数多くある不動産管理会社に一つ一つ問い合わせを行うことはとても難しいことです。そこで、賃貸経営に関して複数の企業を検索することができるサイトがいくつかあります。自身の条件にあった検索が可能ですので、気になる管理会社を比較することができます。一括借り上げはとても大きな契約になりますので、もちろん疑問や不安も大きくなるでしょう。そこで一括借り上げについて今までにあった事例を国民生活センターのサイトで検索することができますので、そちらでしっかりと現状を知ることもとても大切です。そして、焦らず心から信頼することのできる管理会社を探すことが大切です。