アパート経営で一括借り上げをおすすめする理由

アパート経営する際には管理委託と一括借り上げの管理方法があります。一括借り上げの仕組みは管理会社がオーナーから全部屋を一括で借り上げを行い、入居者に貸し出します。契約は管理会社と入居者で行います。管理会社が家賃を受け取り、そこから手数料をひいた家賃の80から90%のオーナーが受け取ることができます。空室があっても金額は変わらないので、収入の変動で一喜一憂するする必要が無く、収入が安定します。また、日常的な管理業務からトラブル対応まで全て任せることが可能です。管理は不動産管理会社で建物は関連の建築会社で立てるケースも多いです。管理委託の契約はオーナーと入居者で結びことになるので、空室や家賃滞納があると収入が減ることになり、リスクがあります。手数料は3から10%程度で委託する内容で金額も変わります。

一括借り上げのメリットを紹介します。

アパート経営する際に一括借り上げと管理委託のどちらを選ぶのか、悩むところです。建物がある環境の入居者がすぐに見つかりそうなエリアなのか、空室ができるリスクによっても選択は変わってくると思います。一括借り上げのメリットには賃貸経営が安定する、管理が任せられる、確定申告が楽ということが挙げられます。一括借り上げには家賃保証や空室保証があるので、収入が毎月決まったものになります。管理の面でも入居者の募集や審査、契約書作成や家賃回収、滞納者が発生したさいにもつど対応してくれます。また、クレーム対応、入退去時の立会い、原状回復などの大変な業務を全て任せることができますので、楽で安心できます。確定申告する際の申告額の計算も一括管理の場合は管理会社にて、算出してくれるので計算が非常に楽になります。

一括借り上げのデメリットとリスクとは

アパート経営での一括借り上げは家賃保証もあり、いろいろな業務を全て任せることができますが、デメリットやリスクも当然あります。家賃収入の減少が挙げられます。一括借り上げの契約期間が30年とあった場合でも家賃は一定ではなく、数年ごとに見直しが行われます。設備の劣化や競合物件が周辺にできると家賃を下げる必要があるので、ローン返済などの計画に影響が出る場合があります。中途解約の可能性もあります。家賃の減額等を了承しないと契約見直しの際に解約されることもあります。新たに管理会社を探す必要になったり、収支計画に影響がでます。リスクとして、管理会社の倒産のです。敷金返金義務はオーナーに残ったり事後の管理が大変になることもあります。メリットやデメリットを考えて信頼できる業者を選ぶのが大切です。