アパート経営に一括借り上げを利用する数々のメリット

賃貸住宅の着工数が伸び続け賃貸市場は活性化しています。アパート経営の主なリスクは空室、家賃滞納、家賃の変動、入居トラブルなどあります。その中でも、空室リスクを回避できるのが一括借り上げです。アパート経営での通常の賃貸契約では入居者はオーナーと契約を結びます。一方サブリースとも言われているのが一括借り上げで、その場合、オーナーは借り上げ会社と契約を結びます。借り上げ会社は入居者と賃貸契約を結びます。手数料は賃料の10%~15%かかりますが空室があっても借り上げ会社から全室分オーナーに賃料が支払われますが、空室が出たときの保険と考えると納得できるでしょう。例え入居者が家賃を滞納していたとしてもそれは同じです。賃貸の管理運営業務などもすべてを任せることが出来るのも一括借り上げのメリットといえるでしょう。

アパート経営の一括借り上げについて

上記からもわかるように、一括借り上げを利用することでアパート経営の経験のない全くの初心者でも煩わしい手間がなく、安定的な賃貸経営が出来るようになります。これは特に駅からも離れた郊外や地方など入居率が低い地域にはメリットが大きく全国的に多くのオーナーが活用して賃貸経営を行っています。しかしながら、一括借り上げが増える一方、賃貸経営能力やマーケティング能力が乏しい業者に任せても、入居率を維持できないので赤字物件となってしまい、途中で強引にサブリースを解約するというトラブルも一部で起きています。このような事案は事前の計画段階できちんとオーナー自身でも最低限の知識をもって検討をしていればほとんどが防ぐことのできるトラブルでもあります。「一括借り上げ」は決して賃貸経営の成り立たない地域で賃貸経営するための裏技ではないということを頭に入れておかなければなりません。

アパート経営における一括借り上げのメリットとは

アパート経営の一括借り上げのメリットについてまとめていきます。一括借り上げは空室リスクがなくなり、収入が安定することで将来の収入が読めるので計画的に生活できます。借り上げ会社が代わりに管理してくれるので全く知識がなくても賃貸経営が出来、オーナーは何もしなくて大丈夫というのが特徴です。また、大手企業による借り上げなどでは信用力が高い場合、融資する側の金融機関にとっては個人による賃貸経営よりも安心感があり、むずかしいと思われる融資が通ったり、条件が良くなったりすることが良くあります。デメリットは手数料が賃料の10%から15%引かれることになります。入居の際の礼金や、更新料などの収入も取ることはできなくなります。借り上げ契約更新時に業者によって成績が悪いと条件改定されることがあったり、さらには解約されるケースもあります。安定経営重視の人は融資を受けつつ賃貸経営を始める人にお勧めできるでしょう。